薬剤師 求人

薬剤師の求人でステップアップ!

"薬剤師の求人でステップアップを図っていく人が見受けられます。まずは現場での調剤薬局での仕事をこなして、その上でたとえば製剤メーカーなどに転職をすることで新薬の開発に関する知識や経験を得ていくといった感じで薬剤師としての更なる知識を得ていこうという考え方はあり得ると言えます。
薬剤師として働くことが前提なわけですから、薬剤師に関係する職場に就労を希望するのは当然のことですが、ステップアップを図るという点においては、職場での知識や経験を深めるには限られた環境内での就労しかなかなか考えいにくいので、仕事をしていくなかでのステップアップを考える場合にはかなり限定されてしまう事になります。
ただ、たとえば昼間は薬剤師としての仕事をして、夜間に専門の通信制の大学などで、より深くを目指した専門課程などを学ぶといった行動は考えられると言えますので、その点も考慮に入れながら今後の進むべき方向性を考えていく中で決めていけばいいと言えます。
薬局での勤務の中で、その地域ごとで特色がある場合もあります。処方箋を持ってくる人はよほどのことがない限りその医療機関の近くなどに持参することになりますので、その医療機関が標榜する診療科目関係の薬については確かに知識や経験は蓄積されていきますが、別の場所では当然ながら別の診療科を標榜する医療機関がありますので、そこで処方される薬は異なるということになりますので、あえて同じ薬局にずっと勤め続けるよりは、別の薬局などに転勤をするのも考え方としてはあると言えます。"

薬剤師求人サイト厳選ランキング

リクナビ薬剤師の特徴

【対象地域】全国
【求人件数】35,000件以上
【信頼度】業界最大手のリクルートグループ
【非公開求人】なんと75%も!
【コンサルタント】専任キャリアアドバイザーが対応

価格 登録料 0円
評価 評価5
備考 高収入、常勤、正社員、キャリアアップ狙い向けの求人多数!
リクナビ薬剤師の総評

非公開求人には、リクルートグル―プでしかみつからない案件も!まず外せない求人サイトです!

エムスリーキャリアの特徴

【対象地域】全国
【求人件数】41,000件以上
【信頼度】ソニーグループ
【非公開求人】常時8,000件以上
【コンサルタント】薬剤師転職コンサルタントが対応

価格 登録料 0円
評価 評価4.5
備考 医療機関の求人に強い。業界・勤務形態を問わず幅広く対応
エムスリーキャリアの総評

2012年の薬剤師登録者数がNO.1!押さえておきたいサイト!

マイナビ薬剤師の特徴

【対象地域】全国 【求人件数】33,000件以上 【信頼度】人材大手「マイナビ」グループ 【非公開求人】 【コンサルタント】

価格 登録料 0円
評価 評価4.5
備考 未経験者歓迎の求人が多数
マイナビ薬剤師の総評

ご利用者満足度がNO.1のマイナビ薬剤師。あなたも登録してみては?

薬剤師転職ドットコムの特徴

【対象地域】全国 【求人件数】35,000件以上 【信頼度】東証一部上場グループ 【コンサルタント】全国各地拠点からコンサルタントを紹介

価格 登録料 0円
評価 評価3.5
備考 ご利用者満足度95.8%と高水準!
薬剤師転職ドットコムの総評

「薬剤師専門」の支援サービスなのでこだわりが違います!

薬剤師プロの特徴

【対象地域】全国 【求人件数】19,000件以上 【信頼度】東証一部上場グループ 【非公開求人】8000件 【コンサルタント】専属カウンセラーが対応

価格 登録料 0円
評価 評価3
備考 36年以上の実績、独自の求人情報提供!
薬剤師プロの総評

元医療関係者などエキスパートのキャリアカウンセラー揃い。頼りになりますよ!

 

 

その他のおすすめ求人サイト

ジョブデポ

【対象地域】全国
【求人件数】35,000件
【POINT】◎御祝金最大40万円


薬剤師ではたらこ

【対象地域】全国
【求人件数】74,000(掲載施設数)
【POINT】東証一部上場企業、紹介実績10年以上

薬剤師の求人と収入【ポイント1】

薬剤師の求人に応募するポイントとしてまず挙げられるのが収入です。収入が高い案件に応募するのが一般的です。安ければ職場環境がいいなどということはありませんので、積極的に高い収入を募集している薬剤師の求人に応募してみてください。薬剤師の求人にとって大切なのは少しでも高いものに応募することです。中には時給1400円などといって時給制で応募しており、働いて稼げる時間が少ないというパターンもあるにはあるので、応募をした際にそうした給料面のことを積極的に聞いていくことが必要になってきます。薬剤師は何処にいっても不足しています。しかし、6年制の大学に入ってまで手に入れた薬剤師の資格を安売りするようなことは絶対にしないでください。薬剤師の資格は素晴らしいものですし、自分の最大の武器でもあります。そうした武器による武装をして、応募をするわけですので、受かりやすいことは受かりやすいものとなってます。それだけ競争率が低い分野となっているのです。高いお金を出して入った学校で手に入れた資格ということを考えれば、それ相応の扱いを受けているかどうかというと、そうではありません。特殊な職であるのにも関わらず、まだまだ改善の余地がある待遇となっているのが一般的です。そのため、自分にとってどれだけ大切な要素を持っているかということと、月収にすればどのくらいのものになるかということをしっかりと把握して、応募をしていってください。

薬剤師の求人と職場環境【ポイント2】

薬剤師の求人に応募するポイントとして職場環境というものが挙げられます。やはりどの職場でも職場環境が良くなかったら、働きづらいものです。その仕事場にとって嫌な人がいないか、その仕事場の人間関係がギスギスしていないか、その仕事場の環境がきついものではないか、など薬剤師の求人に応募するポイントとして職場環境をまずは事前に確認しておくことが必要となってきます。それは入ってみないとわからないことですが、事前に店を訪れるなどのことをすることによって、何となく雰囲気を確かめるのが一般的なセオリーとなってきます。薬剤師の求人に応募するポイントとしてそうしたものが挙げられるのは、やはり人間というものは、嫌になると仕事を辞めてしまうからです。仕事を転々とするのは職歴上でも良いことではありません。どっしりと構えて職場に居座るということがまずは仕事をしていく上で、生きていく上で、転職をする上でも大切なことになってきます。手に職がついて資格がある状態なので、転職しやすいことはしやすくなっています。しかし、何度も直ぐに辞めているようでしたら、直ぐに辞めるのではないかと相手も疑ってしまうので、まずは優れた環境の仕事場で何年か勤めるということが、大切な秘訣となっています。そうした大切な秘訣をしっかりと受け止めた上で、仕事場における環境を確かめ、良い環境だったら直ぐに辞めずにじっと腰を据えて仕事に取り組んでみてください。

 

薬剤師の求人と育児への理解【ポイント3】

薬剤師は現在六年制の大学で知識や技術を身につけ、ようやく国家試験に臨むことができるのです。これはまさに医学部と同じような知識や技術レベルが求められているのです。六年間という貴重な時間を勉強に捧げる分、就職先を妥協するわけにはいきません。六年間も両親に学費を工面してもらっている分、恩返しの意味でも給与面でも好待遇で永続的に働ける職場環境を見つけなければいけません。特に女性の薬剤師の場合、結婚や出産、育児面も考慮して求人を吟味する必要があるのです。職場環境に出産や育児面で理解がある企業なのか否かを見極めることは非常に大切なことなのです。それは薬剤師は一端結婚、出産、育児で一線を退いて薬剤師としてのブランクを作ってしまうと復職や再就職が非常に難しくなってしまうからなのです。ブランクの間に新薬の研究開発も進み、その間にそうした知識が豊富な新卒者がたくさん輩出されるので、ブランクのある人間に求人が巡ってはこないのです。薬剤師になった以上、製薬会社の研究員や調剤薬局で働くのが王道ですが、永続的に勤めることを考えると女性を中心にした女性をターゲットにした一般企業に勤めるのが良いでしょう。女性中心の職業であれば結婚、出産、復職などの理解が深いのは言うまでもありません。そういったことを考慮すると女性に必要不可欠な化粧品メーカーや食品メーカーの研究員として働くのが最適であると言えるでしょう。こうした職場では託児所を併設した企業もあるのです。

薬剤師の求人と仕事内容【ポイント4】

薬剤師は薬学のスペシャリストとして活躍する責任ある職業となりますが、薬剤師として働くには資格を取得する必要があります。資格は簡単には取得できませんが、その分取得して就職すれば高額な収入を手にすることが可能です。薬剤師には個人で薬局を経営することや調剤薬局に勤務する方法、ドラッグストアに勤務する方法があります。さらに製薬会社で研究職として勤務することも可能ですから、仕事内容が大きく異なると言えます。求人情報を探す際には、勤務する企業によって業務内容が変わる点に注意が必要です。研究職として就職する人は一部の優秀な人達ですので、多くの人は調剤薬局やドラッグストアに勤務することになります。調剤薬局では医師が作った処方箋により薬の調剤作業を行い、患者に手渡すまでが主な業務となります。調剤作業だけではなく薬の用法・用量を説明するのも薬剤師の重要な業務内容となります。調剤薬局では全ての医療機関の処方箋を受け付けていますが、現実には特定の医療機関とのつながりが強く調剤作業も同じような内容となることが多いと言えます。医薬分業が急速にすすんだことにより、ドラッグストアでも調剤作業を行うところが増えていますが、ドラッグストアでは市販薬の販売がメインとなってきます。市販薬は多種多様ですから、全ての薬に対して知識を持たなければならない難しさもあります。薬剤師とはいっても勤務先によって仕事内容が大きく異なるため、自分に適した求人を探すことが大切なのです。

薬剤師の求人と労働条件【ポイント5】

薬剤師は6年制の薬学系大学を卒業し難易度の高い試験に合格しなければ資格を取得できませんが、その分高収入と正社員としての安定した待遇が約束される仕事でもあります。しかし最近では労働条件が変わってきているのが特徴で、正社員の募集が少なくなりパートやアルバイトなどの非正規雇用の求人募集が多くなっています。収入面で見れば非正規雇用でも時給2千円以上は一般的ですし、中には3千円を超える高時給の募集も存在しています。非正規雇用でも高時給ですから、働き方次第では正社員と同じように高収入を期待できると言えます。非正規雇用の募集が増えている理由には、近い将来に人員の余剰が発生することが予測されている点にありますが、正社員とは違い労働条件や雇用契約の面で企業に都合の良い非正規雇用が増えているのです。非正規雇用の薬剤師は正社員のような安定性は望めませんが、非正規雇用だからといってデメリットばかりではないといえます。安定性よりも自由なスタイルで働きたいと言う人には、非正規雇用のほうがむしろ都合がよいケースもあります。短時間労働を希望する人ももちろんいるわけですから、労働条件よりも自分の生活に合わせて働けることにメリットがあると言えます。非正規雇用の薬剤師でも、高時給により通常のアルバイトよりは遥かに高収入が可能です。また企業によっては非正規雇用から正社員への道がある場合もありますので、労働環境にこだわらず求人を探すことも選択肢の一つだと言えます。